せっかく2〜300万の費用をかけて、2年間の専門学校を卒業しても、すぐに施術ができる様になる訳ではありません。
また「ありきたり、ありふれた」技を何百時間学んでも、実際の現場ではまったく使いモノにならないのが現実です。

まだ入学前の方々がみんな勘違いしていることは、柔整・鍼灸の専門学校も含め、学校を卒業する頃には「自分は治療が出来る」ようになっている、と思っていること。
残念ながら学校では机上の勉強が中心なので、本当の治療術が学べるのは、インターンや卒後に就職する現場が初めてになります。
学校での実習だけでは、実際に現場で行われているような治療はおろか、マッサージ・問診ですら出来るようにはなりません。
なので、専門学校を卒業して「すぐ開業!」などという考えは、どこの専門学校を出ても100%不可能なのです。

そこで完全実践型の整体スクールがあれば!
これは代表自身も駆け出しの頃に強く求めていたものです。

十数年かけて辿り着いた「トッピング整体」という全46種類の整体テクニックは、人間の頭のてっぺんから足のツマ先まで、全ての症状・部位に対応できるよう開発された、全身を対象とした完全総合整体術であり、実際に「骨と筋」でも行われているテクニックです。
それを計34回(102時間/61教科)の講義で学べる様、内容を凝縮・吟味し、2010年に整体スクールを開校いたしました。

既に勤められている整体師さんや、開業されているプロの方から未経験者まで、当校代表が責任を持って、マンツーマンにて徹底指導いたします。
少人数制だからこそ出来る完全修得型のシステム。

あなたも「本当に治せる人」になってみませんか?
いつまでも説明でごまかし続けて行くのには不安がありませんか?
他院には絶対にマネできない「ウリ」を手に入れて、あなたの地域を活性化(独占?)してください!!

(1)〜(34)までの講座(61教科)は、全て1回の講座が3時間/日

解剖学・説明(30分)
テクニック実践(120分)
疑問・質問タイム(30分)

(1)ヘッドサイズダウン/目・まゆの高さ調整
(2)鼻筋ラインアップ/ほお骨左右調整
(3)口唇線ライン調整/アゴの痛み(顎関節調整)/エラ張り減圧
(4)目のまわり(シワ・たるみ減圧)/眉間・おでこのシワ減圧/目尻のケイレン減圧
(5)ほうれい線減圧/ふっくらほっぺ減圧/二重あご減圧
(6)側頭部頭痛/こめかみ・目の奥の痛み/後頭部頭痛/自律神経(気分)調整
(7)首筋ラインアップ/美・鎖骨調整/首のコリ・ハリ
(8)バストアップ矯正
(9)下腹ポッコリ減圧
(10)小尻調整
(11)わき腹たるみ減圧
(12)もも上のでっぱり骨調整/股関節の痛み
(13)肩こり(僧房筋)/肩甲骨のコリ・ハリ/肩の付け根の痛み
(14)背中のコリ・ハリ/腰のコリ・ハリ/坐骨神経痛(お尻の痛み)
(15)あばらの痛み(肋間神経痛)
(16)太もものハリ(前後)スッキリ/ふくらはぎスッキリ
(17)ヒザの痛み/スネの疲れスッキリ /カカトの疲労回復
(18)ヒジの痛み/手首の痛み(PC系)/腕のだるさ解消/手の平〜指の疲労解消(PC系)
(19)足裏の疲れスッキリ/足首の痛み/足指付け根の疲労回復/足指の形バランス調整(外反母趾)
(20)問診・検査・説明法(カウンセリング・状態の説明法)
(21)カイロの考え方・施術(骨盤・背骨の矯正/力学)
(22)開業・経営学セミナー(必要設備・資金・物件など)
(23)顔集中コース総合(顔の施術全部:11部位の流れとまとめ方)
(24)ココロの病へのアプローチ(考え方・使用テクニック講座)
(25)ダイエット考え方・使用テクニック講座
(26)腰痛全般の分類・講座(使用テクニック・考え方)
(27)肩周囲〜五十肩までの分類・講座(使用テクニック・考え方)
(28)顎関節・頭痛の分類・講座(使用テクニック・考え方)
(29)手足のシビレ分類・講座(使用テクニック・考え方)
(30)各種アレルギー分類・講座(使用テクニック・考え方)
(31)冷え・むくみ分類・講座(使用テクニック・考え方)
(32)O脚分類・講座(使用テクニック・考え方)
(33)プロポーション総合・講座(使用テクニック・考え方)
(34)自律神経分類・講座(使用テクニック・考え方)


1.受講していく順番は、基本どこから受けても特に問題はありませんが、受講ナンバー(23)は(1)〜(6)までの講座を既に受講された方のみが対象になります。

2.受講ナンバー(21)は(20)を既に受講された方のみが対象になります。

3.(24)〜(34)は(1)〜(21)までの講座を既に受講された方のみが対象になります。

4.(32)O脚分類・講座に関しましては(12)(16)(17)(19)の講座を終了された方であれば受講を受付いたします。
 
5.(8)バストアップ矯正法は1回の受講でも修得が可能です。

通常、専門学校やスクールは、授業に出席する・しないに関わらず、まとまった金額(1〜3年分)を入学時に収める必要があります。
そしてさらに、別途入学金や教材費も必要になります。

当校は、全ての講座が参加自由型のシステムになっておりますので、気になる講座、覚えたい講座だけを選んで受講することが可能です。
また通学に関しても、自分の好きな日の、好きな時間に、興味のある授業を選んで受講できるフリータイム・フリーチョイス通学が出来ますので、最初にまとまった金額が捻出できなくても特殊技術を身につけることができます。

もちろん全講座を受講された方にはライセンス(認定証)を発行し、「骨と筋 認定整体家」として卒後のサポート(就職・開業相談)も積極的に行いますのでご安心ください。
※卒後当グループの場合、整体師ではなく「整体家」と呼ばれます。

取得可能な資格

面育矯正家・筋育矯正家・骨育矯正家・骨と筋 認定整体家・FC資格保持者・セラピストランク資格保持者

ライセンス詳細

1.面育矯正家・筋育矯正家
受講ナンバー(1)〜(6)(23)を終了された方が認定されます。

2.骨育矯正家
受講ナンバー(7)〜(21)を終了された方が認定されます。

3.骨と筋 認定整体家
全講座を終了された方が認定されます。

4.FC資格保持者
全講座を終了された方が認定されます。

5.セラピストランク資格保持者
骨と筋とFC(加盟院)契約された方が認定されます。

※1.面育矯正家・筋育矯正家 2.骨育矯正家 に関しては、認定証の発行を希望する場合は有料(発行料5400円)になります。
全講座を終了された場合、発行料支払いの必要はありません。

すでに整体師として活躍されている方や、他業種(エステ・鍼灸・柔整・アロマ・トレーナーなど)の方は、ご自身のスキルアップに!
独立されているプロの方は、経営の改善にお役立てください。

全ての講座

参加自由型(3時間/1回):20000円(税込み21600円)
全講座受講(3時間/1回):15000円(税込み16200円)

参加自由型で全講座を受けた場合:21600円×34回(102時間/61教科)=学費の総額は734,400円になります。

全講座を受講する場合は、全講座受講割引(一括のみ)が適応されますので、
全講座受講:16200円×34回(102時間/61教科)=学費の総額は550,800円になります。

※全講座受講割引を選択された方には、何度でも同じ講座が受けられる「再受講サービス」という、さらなる特典も付いています!

全講座受講割引が分割でも可能になりました!



他専門学校と比べてみて下さい。
ほとんどの学校・セミナーなどは、1時間1万円が相場です。
3時間授業を受ければ(3万円/1回)になります。

それを60時間(560,000円+税)と書かれるから、高いのか?安いのか?うやむやになっているのです。
単純に電卓を押してみて下さい(60万÷60h=1万円/h)

全講座受講割引を利用すれば、当校の場合は他校の半額!
3時間(15000円/1回)です。

一般的な整体スクールや専門学校では決して学ぶ事の出来ない特殊な技術が、しかも1時間5000円で修得できます。

※入学金・教材費は頂きません。

卒業までの目安

週2回通学(5ヶ月)
週1回通学(9ヶ月)

トライアルコースのご提案

まずは2〜3講義(※4〜5でも構いません)参加自由型(20000円)で受けてみて、「納得のできる内容だったので、すべての技術を修得したい!」と感じるようであれば、既に受講した回数分の差額(20000ー15000=5000×受講回数分)をいったん返金し、15000×残った受講回数分を一括でお支払い頂ければ、結果的には全講座受講割引と同じ総額になりますので、是非このトライアルコースを利用し受講してみて下さい。 もちろん全講座受講割引と同じサービス(再受講サービス)も適応いたします!

1.まず受講を希望する講座と希望受講日と希望時間を決めて下さい。

2.下記「受講予約フォーム」を全て記入された上で送信ください。
 当校のスケジュールと受講者の希望日時を照らし合わせ、受講日を決めて行きます。
 ※24時間以内に返信がなかった場合は、再度記入〜送信ください。

3.受講予約が確定されたのち、当日来校される場合は、開始時間ちょうどに来校して下さい。
 ※開校時間より早く来られても入館できませんのでご注意ください。 

4.受講料は授業開始前にお支払い頂きます。
 ※カードはご利用できません。

5.当日ご用意いただくものはありません。メモなどが取りたければ、ご自身で筆記用具をご持参ください。
 ※筆記用具の貸し出しはしませんのでご注意ください。

6.服装は自由ですが動きやすい服装が良いでしょう。

7.他校では学べない特殊技術ゆえ、ビデオカメラでの撮影や録音、写真撮影はお断りいたします。

8.「何から受講すべきか?よく分からない・・」「全講座受講割引を利用したいが、まだ迷っている・・」という方は、下記【学校案内】にあるメールからご連絡をいただくか、もしくは希望受講コース・希望日時は適当に選択し、残りの受講予約フォームを全て記入した上で、質問・お問い合わせの欄にその主旨を書いて送信下さい。

※1回体験入学や見学は行っておりません。

受講予約はこちら

学校案内

開校時間

月〜日 10:00〜14:00
17:00〜21:00
休校日 水曜日

ACCESS アスセス

〒162-0837 東京都新宿区納戸町15-9武石ビル4F

・大江戸線 牛込神楽坂駅A1出口より徒歩3分
・東西線 神楽坂駅出口2より徒歩8〜10分
・南北線・有楽町線 市ヶ谷駅出口5〜6より徒歩7分
・JR中央線・都営新宿線 市ヶ谷駅より徒歩12分

※本校秋田は現在、予約が多く対応できません。
 年内の受講予約はすべて神楽坂分校でのみ承ります。

また現在、お電話での受付やお問い合わせは行っておりません。
質問・疑問などは全て、上にある受講予約フォームから頂くか、こちらからお寄せ下さい。

日時:2013年12月7日
瀬戸様 東京都 女性25才 美容セラピスト





オイルマッサージの仕事をしています。
技術・知識の向上と、学び直すために仕事をしながら通いました。
先生は凄いです!!
授業は、解剖学で身体の知識を理解してから、実技に入りますが、先生の的確な指導に本当に満足しています!
全講座を受けましたが、毎回学びがありました!
先生の実際体験の話も参考になります。
厳しくも丁寧な指導で集中して知識・技術向上になり、「人を触る仕事をもっともっと大切にしよう」と思いました。先生に感謝です。
毎回、授業が楽しみでした。ありがとうございました。
私が通ったどのスクールよりも本当に1番です!!
私も先生のような施術者になる!頑張ります。

受講内容:全講座
受講回数:34回 修得費用総額:535,500円

日時:2015年11月24日
宮崎隆一様 神奈川県 男性29才 パーソナルトレーナー


MIYAZAKI GYM


トレーナーの勉強の一環として、全講座を受講しました。
沢山のテクニックがあり、トレーナーとしては全てを使っていませんが、教わった技術の多くは現場で活用させてもらっています。
整体やマッサージなど、既に現場で活動している人にもおススメできます。
バリエーションが増えた事で、お客さんも飽きずに受けられているようです。

受講内容:全講座
受講回数:34回 修得費用総額:535,500円

日時:2014年1月5日
酒見健太郎様 東京都 男性29才 マッサージ師

実用的で即使える内容の技術なので、仕事にとても役立ちます。
理論も理解しやすい上、復習の意味も兼ねて講習を受けていたので、とても身になりました。
今まで悩んでいた治療のアプローチが明確になり、自信を持って施術できるようになりました。
難しい内容もありますが、分かりやすいものが多いので、安心して受講できました。

受講内容:全講座
受講回数:34回 修得費用総額:535,500円

日時:2012年12月10日
Y.K様 京都府 男性34才 柔道整復師 

勤務先の院長から、美容系の技術を修得する様に勧められ、美容系のテクニックを全て受講しました。
難しいと思っていた顔のテクニックや、O脚、バストアップの技術なども簡単といっては失礼かもしれませんが、修得し易く、翌日から早速取り入れて使えるものばかりで驚きました。
施術効果も大で患者様からの評価も高く、受講して本当に良かった、と思っています。

現在、地元の接骨院に勤務しているY.K様は、京都から土日メインで来校され、9月中旬から受講を開始し、約3ヶ月で下記テクニックを全て修得されました。

受講内容
(1)ヘッドサイズダウン/目・まゆの高さ調整
(2)鼻筋ラインアップ/ほお骨左右調整
(3)口唇線ライン調整/アゴの痛み(顎関節調整)/エラ張り減圧
(4)目のまわり(クマ・シワ)減圧/眉間・おでこのシワ減圧/目尻のケイレン減圧
(5)ほうれい線減圧/ふっくらほっぺ減圧/二重あご減圧
(6)側頭部頭痛/こめかみ・目の奥の痛み/後頭部頭痛/自律神経(気分)調整
(8)バストアップ矯正
(9)下腹ポッコリ減圧
(10)小尻調整
(11)わき腹たるみ減圧
(12)もも上のでっぱり骨調整/股関節の痛み
(16)太もものハリ(前後)スッキリ/ふくらはぎスッキリ
(17)ヒザの痛み/スネの疲れスッキリ /カカトの疲労回復
(23)顔集中コース総合(顔の施術全部:11部位の流れとまとめ方)
(32)O脚分類・講座(使用テクニック・考え方)

受講回数:15回(参加自由型:21000円/回)
修得費用総額:315,000円

日時:2012年7月27日 14:10:57JST
件名:昨日は有り難うございました

宮腰先生

昨日の肩・肩甲骨の講座、大変勉強になりました。目から鱗が落ちました。
今日、早速 無理のない範囲で少しずつ使わせて頂いております。
筋肉・骨格に対する知識が深まる事で、無理や無駄の無い施術が出来ると感じております。

早速ですが、8/2(木)または9(木)に腰部か背部の講座をお願い出来ますか?
時間帯はお任せします。また是非よろしくお願い申しあげます。

山梨県甲府市 M M ※受講翌日に頂いたメールより抜粋。

トッピング整体(全46種)施術内容/基本料金(開業する地域によって異なる)

側頭部頭痛            5分 500円
後頭部頭痛            5分 500円
こめかみ・目の奥の痛み      5分 500円
自律神経(気分)調整       5分 500円
目・まゆの高さ調整        5分 500円
ヘッドサイズダウン        5分 500円
鼻筋ラインアップ         5分 500円
ほお骨左右調整          5分 500円
ほうれい線減圧          5分 500円
口唇線ライン調整         5分 500円

エラ張り減圧           5分 500円
二重あご減圧           5分 500円
目のまわり(シワ・たるみ減圧)  5分 500円
眉間・おでこのシワ減圧      5分 500円
ふっくらほっぺ減圧        5分 500円
目尻のケイレン減圧        5分 500円
首筋ラインアップ         5分 500円
美・鎖骨調整           5分 500円
アゴの痛み(顎関節調整)    10分 1000円
バストアップ矯正        10分 1000円

下腹ポッコリ減圧        10分 1000円
小尻調整            10分 1000円
わき腹たるみ減圧        10分 1000円
首のコリ・ハリ          5分 500円
肩こり(僧房筋)        10分 1000円
肩甲骨のコリ・ハリ       10分 1000円
肩の付け根の痛み        10分 1000円
背中のコリ・ハリ         5分 500円
腰のコリ・ハリ         10分 1000円
坐骨神経痛(お尻の痛み)    10分 1000円

太もものハリ(前後)スッキリ  10分 1000円
ふくらはぎスッキリ       10分 1000円
股関節の痛み          10分 1000円
ヒザの痛み           10分 1000円
スネの疲れスッキリ        5分 500円
ヒジの痛み            5分 500円
手首の痛み(PC系)         5分 500円
腕のだるさ解消         10分 1000円
手の平〜指の疲労解消(PC系) 10分 1000円
あばらの痛み(肋間神経痛)   10分 1000円

もも上のでっぱり骨調整     10分 1000円
カカトの疲労回復         5分 500円
足裏の疲れスッキリ        5分 500円
足首の痛み            5分 500円
足指付け根の疲労回復       5分 500円
足指の形バランス調整      10分 1000円
(外反母趾など)

※受けたい部分だけを自分の好きなように組み合わせて、本人にオーダーさせるシステムです。

この今までに類を見ない新しい整体システムを、貴院にも取り入れてみませんか?
またはこのシステムを武器に、当グループから「認定整体家」として独立開業してみませんか?

1.コンセプト

店舗物件(8〜10坪程度)・貸事務所物件(25〜30㎡程度)・マンションの一室(25〜30㎡程度)・自宅改造のどれを選択しても構いません。

基本一人院長スタイルであり、従業員を雇い毎月の給料支払い義務が発生する形での開業は取り扱いません。
(近親者:妻、子の雇用であれば構いません)

2.屋号

「骨と筋 ○○(地名)院」になります。

3.開業までの流れ

アカデミー骨と筋を卒業したのち、個人事業主(経営者)として契約していただきますので、ご自身で開業したいエリアを決めて物件を探していただきます。
物件契約は本人名義、資金も自己負担になります。
これが出来なければ、グループ直営という事になりますので、いくら働いても、何年経っても、何才になっても月給制(都内某有名グループ院長月収:18〜22万平均)になります。
つまり、いつまでたっても何才になっても単純労働の方々の年収を越えらません。

1)必要設備の調達

入口看板またはパネル/ベッド1台/受付カウンター/待ち合いテーブル椅子セット/電話/コピー複合機/パソコン
(家にあるもので調達できるものは買わなくて良い)

2)融資

店舗・貸事務所・マンションでの開業をする方で、資金のない方は融資を受ける。
(自宅改造の方は100%自己資金で行います)

開業資金(物件契約・設備資金・運転資金)のない方は、融資(国民生活金融公庫=現日本政策金融公庫)の書類作成。
※融資とはいっても、当グループの独立開業プランであれば、東京都心でさえ物件契約までを含めても、100万以内で開業できますので、実際には融資の必要はありません。

3)契約

「売り上げの5%は本部に納める」というシンプルなものです。
仮に月に100万を売り上げた場合、5万は本部に納めることになりますが(集客補助・コンサル・アフターフォロー・集客指導・プロデュース料として)残りの95万は貴院の収入になります。

(売り上げ/月)ー(売り上げの5%)=貴院月商
(院月商)ー(諸費用:家賃10万+通信光熱費2万+雑費1万)=個人手取り月収

院月商から物件家賃・通信光熱費・雑費を差し引いても、上の例であれば手取りで約82万の月給が見込めます。
たとえ売り上げが悪かった月でも、最低40万まで頑張って集客さえできれば、潰れることはまずありません。
(当然、本部から地域別の客は全てフォロー誘導します)

(売り上げ40万/月)ー(売り上げの5%:2万)=38万
(38万)ー(家賃10万+通信光熱費2万+雑費1万)=25万

仮に平日1日定休で、平日4日+土日2日=週6日営業するとして、平日は60分(6480円)を1日2人施術するだけでも、1ヶ月で207360円の売り上げになります。
そして土日で60分(6480円)を計8人施術できれば、1ヶ月207360円の売り上げになりますので、平日土日を合計すれば1ヶ月の売り上げ月商最低ライン414720円はクリアできます。
とにかく月に10人、新規を来院させることが出来れば、都市部なら月に60〜70万、郊外・過疎地でも40〜50万の月商は可能です。

飲食業との比較

飲食業界でいうところのロイヤリティ5%と、整体業での5%では、意味がまったく異なります。
例えば飲食業でフランチャイズ(のれん分けなど)に参加するとして、そのグループのロイヤリティが、当グループと同じ5%だとします。

しかし飲食系の場合は、その残った95%の月商から、さらに食材の仕入れ代(これだけでも35%が奪われる!=残り60%)が引かれ、さらにその残り60%から、物件家賃が引かれ(整体のように10坪、マンションの1室では出来ません→店舗物件=高額)さらに物件家賃が引かれた残金(推定残りわずか40%)からさらに、電気(照明・換気・空調etc)ガス、水道費も整体とはケタ違いに引かれます(電気3〜4万、ガス1万、水道1万=推定計5万/月)

そして残40%から光熱費が5万も引かれたうえに、そこからさらにバイトの給料月平均20万×雇っている人数分とそれぞれの交通費が引かれ(飲食業は一人では絶対にできませんから)さらに雑費(おしぼりや紙ナプキン、洗剤や食器などの消耗品がたくさん!)も引かれ、さらに通信費(電話代やサイトがあればサーバーレンタル代)さらにコックコートやテーブルクロスなども自分で洗濯は出来ませんので、それらのクリーニング代(当然毎日交換しますから、毎月大変な額です!)など、ざっとここまでが1ヶ月で消えて行く必要経費です(広告などを出す場合には、さらにここから・・・)

※もし個人で開業していた場合には、そこからさらに開業時に受けた融資の返済(飲食業は手持ちの貯金では到底開業できません)が引かれます。当然○千万単位での融資になりますから、月の返済額も10万単位の高額な返済になります。

月の売り上げ残り95%から、これだけの経費が奪われて、いったい月にいくら残ると思われますか?
その残った額があなたの月収になるわけです(残ればまだ良いほうではないでしょうか?)

しかし、本当にそれで暮らして行けますか?
ましてや、家族を養っては行けますか?

整体業で必要な経費は、家賃、電気、水道、雑費(通信費含む)のみです。
家賃は飲食業の1/5以下で済みます。
電気は1/8以下で済みます。
ガスは要りません。ゼロ円です。
水道料金は無いに等しいです(基本料を越えることは100%ありません)
雑費は上記の例では1万円と書きましたが、実際には月に3000円もかかりません。

本部へのロイヤリティが同じ5%とはいっても、飲食業に比べたら経費がほとんどありませんので、整体業の場合は売り上げのほとんどが、あなたの収入になります。

飲食業はとにかくたくさん集客できなければ、まったく利益が出ません。
だから驚くような早さで、潰れる店が多いのです。
整体業は先にあったように、1日3人でも来ていれば、上記飲食店主以上の利益が自身の月給として残ります。

本部へのロイヤリティが同じ5%でも、飲食業と整体業ではこれだけの違いがあるということを理解していただけたでしょうか?

4)公共機関への届け出

国家資格保持者ではありませんので、基本自由開業です。 税務署で「納税手続き」だけ行えば結構です。

4.グループボーナスシステム

各位の頑張りにより、本部へのロイヤリティ(売り上げの5%)が常時(毎月)減額されます!
単純に、売り上げが上がれば上がるほどロイヤリティが減って行くという、前代未聞の画期的なシステムです!

各地域によるボーナス発生率の格差を極力なくすため、貴院の月の売り上げ合計から物件家賃を引き、残った金額にその月の動員数(同一人物可)を掛けた金額を、本部への指定納金(売り上げの5%)より差し引きます。

例:その月の売り上げが60万ー家賃10万=50万
(※1000円単位は四捨五入し切り捨てます)
50×動員数120人(同一人物可)=6000円

貴院その月のグループ指定ロイヤリティ(60万の5%=3万)ー6000円=ロイヤリティ代は24000円まで減額されます。
つまり売り上げ金額が上がれば上がる程、動員数が増えれば増える程、ロイヤリティはどんどん減額されて行きます。

単価の安い客(2部位:1080円のみなど)でも動員数にはカウントされますので、仮に売り上げ金額は上がらなかった月でも、動員数さえ多ければ同じようにロイヤリティ代は減額されます。
ボーナスとして6000円を別途支給するのではなく、その月の指定ロイヤリティからボーナスを差し引いた金額を納めて頂きます。

※万単位でのみの計算ですので千、百単位は四捨五入します。
(595600円であれば60万/593600円は59万と算出)

※家賃も千、百単位は四捨五入します。
(126500円であれば13万/123800円は12万と算出)

5.グループ基本姿勢と平等性

当グループはあくまでも「1人院長営業」スタイルでの独立を推奨しております。広い物件で複数のスタッフを抱え込むような形での独立や開業は行いません。
そのような形での独立・開業を希望される方は、卒後すべてご自身のスキルとコンセプトで開業して下さい。

また自宅改造開業で当グループに加盟する方の場合、上記ボーナスシステムにおいてマイナス家賃分の計算がないため、さらにロイヤリティの減額は可能でもありますが、やはり自宅開業の場合、店舗や貸事務所物件での開業に比べると、集客率は若干低くなりますので、店舗系開業でも自宅開業でも、ロイヤリティ代減額という部分においては、ボーナス発生率の格差はありません。

受講予約が確定されたのち、キャンセルをされる場合は、いかなる理由においても

3日前:授業料の50%
2日前:授業料の80%
前日・当日:授業料の100%

を請求いたしますので、キャンセルをされる場合は早めにご連絡ください。
キャンセル料金は、全講座受講割引で既に全額納めている方にでも適応されます。
(参加自由型の料金で納めていただくことになりますので、十分にご注意下さい)

※講義内容が気に入らなかった、想像してたものと違った、などの個人的主観に対する「払い戻し要求や請求」は受け付けません。
また全講座受講割引においても、自身の都合による途中での中断・解約希望などによる払い戻しや返金は行いませんのでご注意下さい。

また、度重なるキャンセルや変更をされる方に対しては、以降の受講はお断りさせていただきます。
全講座受講割引で既に全額納めている方であっても、良識ある術者となる資質はないものと判断し、以後の受講はお断りいたします。
(この場合も払い戻しや返金はありませんのでご注意下さい)

当校受講時における同意契約書

1.貴校教材を無断で複製、引用、転載いたしません。

2.貴校で修得した技術を自院スタッフ、その他第三者に使用させることはいたしません。
(注意:使用できるのは代表宮腰から直接受講した本人のみ!)

3.貴校で修得した技術を改変し、自己が開発したように宣伝、 利用することはいたしません。

4.上記各項目に反した場合、損害賠償の請求を受ける場合があることを承諾します。
(発覚次第、先ずは当社顧問弁護士より直ちに内容証明を発行、送付いたします)

宮腰 圭 Kei miyakoshi
骨と筋代表 宮腰 圭
1969年生まれ 整体家 骨と筋代表
面育矯正家・筋育矯正家・骨育矯正家
日本カイロプラクティックカレッジ卒

日本カイロプラクティックカレッジにて、基礎医学をはじめ婦人科学・栄養学などを習得。東京慈恵会医科大学にて人体解剖学実習48時間終了後、2001年より米国政府公認ドクター中島旻保D.Cのセンターに勤める。2006年より中目黒にて開業し、2010年にはスクールを開校。現在は秋田と東京に拠点を置き、施術や整体家の育成に努める。誰もが自分で治せる療法の開発にも力を入れており、セルフメソッドの発明王!との異名をもつ。著書に「1日10分歩き方を変えるだけでしつこい肩こりが消える本」「アゴのゆがみを整えると健康になる」などがある。

代表著書

本画像 アゴのゆがみを整えると健康になる
廣済堂出版より
2016年8月4日発売!
定価 850円+税
アマゾン・全国各書店にて好評発売中!
本画像 1日30秒足を振るだけでしぶとい腰痛が消える本
サンマーク出版より
2016年3月11日発売!
定価 1,300円+税
アマゾン・全国各書店にて好評発売中!
アマゾン総合ランキング最高436位
部門(こり・痛み)ランキング3位
本画像 1日10分歩き方を変えるだけでしつこい肩こりが消える本
サンマーク出版より
2015年9月15日発売!
定価 1,300円+税
アマゾン・全国各書店にて好評発売中!

アマゾン総合ランキング最高59位
部門(こり・痛み)ランキング1位
紀伊國屋書店健康法ランキング1位
文教堂実用書ランキング6位

代表より

客(患者)は説明よりも結果を求めます。
理論よりも証拠を欲しがります。

「あの手この手で通院を促している経営に不安を感じませんか?」
値下げ競争・施術時間を伸ばして客(患者)を引き止めている経営には限界があります。

大切なこと(本質)は何ですか?

・徹底したSEO対策?
・万年キャンペーン状態の安売り大会?
・みなさまの声の多さ?
・意味のないDMハガキに疲労困憊?
・偽サイトの偽口コミ集めに多大な時間?

どれも間違ってはいませんが、施術以外のことに一生懸命になっていては本末転倒です。
本当に大切なことは「強烈なウリ」です。

真の差別化とは、他院には絶対に真似できないレベルの「ウリ」です。
サービスやシステムでの差別化ではなく、内容での差別化をしなければ、長期経営はできません。

「その地域で唯一、の選択をした方がいい」

皆が本当に「欲しいもの」が提供できていれば、新規集客に苦しむこともなく、ムリな通院強要で客(患者)と気まずくなることもありません。
「そこにしかないもの」があれば、頻繁にポスティングを行う必要も、苦しい値下げで気分が落ち込むこともないのです。

震災や不況の影響で、最近は老舗や有名大手の倒産も増えて来ています。
潰れる理由はシンプルで、「家賃」と「スタッフに支払う給料」です。

集客が減っているにも関わらず、テナント料やスタッフに支払う給料の額が変わらなければ、マイナス計上がかさみ、借金は雪ダルマ式に増えて行ってしまいます。
だからどこかで歯止めをかけなければならなくなり、これなら倒産させたほうがマシ、という決断に至るのです。

今後、日本経済が突然急上昇し、なぜか好景気に湧き上がり、経営が今よりもラクになるということは、世界情勢をみても国際情勢の中での日本の立場をみても、まず考えられません。
逆により悪くなる、と考えていたほうが現実的かもしれません。
アベノミクスやオリンピック景気などの不確定な要素に期待を寄せて物事を決定することは、経営者として大変危険です。

そうするとスタッフをたくさん雇い大きな展開をしていくのは、これからの時代にはそぐわない、ということになります。
特にこの業界は今もこれからも、ランニングコストのかかる運営や、初期費用のかかる開業は行うべきではありません。
なので当校が卒業生に推奨している開業スタイルは、初期費用のかからない「一人院長」の小さな整体院です。

また別の業種で考えてみても、現金を払い何かを仕入れて売る商売をするにしても、それが売れなければ在庫はただのゴミです。
保管料(場所代)もかかれば、仕入れで払った現金は全て借金です。
いつかそのゴミを処分するのにもまたさらに金がかかります。

失敗する飲食店が多い理由も、食品は腐るからです。
客が思うように来なければ、仕入れた食品はどんどん腐ります。
仕入れては捨て、仕入れては捨て、金をドブに捨ててるようなものです。

珍しくたまに客が来たとしても、賞味ギリギリの新鮮さのない食材を提供しても、客には一発で見透かされます。
整体の上手いヘタはバレにくいかもしれませんが、食品は誰でも毎日口にしているものなので、美味いマズいはすぐにバレます。
そうすると、悪いウワサほど広まりやすいので悪評の口コミが発生し、さらに客が来ない、というスパイラルにハマります。
これが典型的な「飲食業の負のスパイラル」です。

整体は仕入れがないため、開業時に多額の現金を捻出する負担もなく、場所とベッド1台さえあれば、すぐにでも現金が作れる業種です。
また飲食業のように腐るものもないので、借金がかさむ危険性も少ないです。

まさにこれからの20年に向いているローリスク、ミディアムリターンの業種に当てはまります。

しかし、柔道整復師(接骨院・整骨院)や鍼灸師は、最初に多額の学費(400〜500万円)がかかるため既にハイリスクです。
これは現場を経験している方なら誰でも分かると思いますが、国家資格があっても集客が有利になることはありません。

なので潰れる接骨院、鍼灸院が後を断ちません。
なぜなら、どこも同じアプローチだからです。
悪く言えば、接骨院・鍼灸院はどこへ行っても同じだと思われる。

客(患者)は、国家資格があるから行くのではなく、提供している内容に興味があるから行くのです。
結果、不況の安売り競争・長時間だらだらサービス施術をして院の尊厳を失い、客(患者)に舐められ他を探されるのです。

「肩こり・腰痛・坐骨神経痛」で勝負したって、そんなの既に全国に何十万件とあるでしょう?
その中にも凄腕のカリスマが何千人もいて、何十年も前から各地域の信頼を確率しています。

素人に毛が生えた様なレベルで、そんな中に同じジャンルで飛び込んだって、最初から負けは見えていますよ。
同じ地域で同じ土俵に立つこと自体が間違っている。

当グループのように、他には絶対にマネできない「ウリ」があれば、地域圧巻はもちろん、地方・遠方からも多数の希望者が訪れるのです。
大切なのは「そこにしかないもの」であり、「そこでしか体験できないこと」を提供することなのです。

当たり前ですが、私達は医者ではありません。
しかし病院では「もう治らない!」と言われた人達の多くが、実際に当施設や他整体院で治っているのが現状です。

そしてその事実を一番良く知っているのは、じつは消費者たちです。
この業界の需要は確実にあります。

この業界の需要(消費者たちの期待度)は、我々業界にいる従事者たちが思っている以上に、想像しているよりもはるかに高いです。
「整体行かなきゃ!」「からだメンテしなきゃ!」「歪み改善しなきゃ!」と考える方が、10年前と比べたら比較にならないほど増えました。
インターネットやホームページの普及により、以前よりも大多数に認知されていて、またこの10年で著しく増加した施設(整体・カイロ・鍼灸・整骨)の宣伝・各位普及活動により到達した結果です。

いま一番視聴率を取れるテレビ番組が健康系の番組だということ考えても、国民の関心事は今や「健康」と「カラダ」だという事実が分かります。
この傾向は今後、半永久的に続くと思われます。
なぜなら突然国民全員が、急に健康に無関心になるとは到底考えられないからです。
むしろ今よりもさらに自身の体への関心や、健康ブームは過熱して行くものと考えられます。

しかし整体院を繁盛させるには、○○年○○で修行を積んだなどという肩書きが絶対必要!と思う方も多いかと思いますが、じつは技術や経歴と繁盛はあまり比例しません。

繁盛の仕組みは完全に「やり方次第」です。
技術も経歴も申し分のない整体師が、満を持して独立開業したからといっても、やり方が間違っていればやはり早期に潰れます。
逆にやり方さえ間違えなければ、大げさな経歴がなくても、凄腕整体師でなくとも繁盛させることが出来ます。

こと経営だけに関して言えば、テクニックだけあってもダメ、もてなしの心だけでもダメ、治療の結果は出せる人でも、繁盛の仕組みを正しく理解し、それを実行できる人でなければ、やはり長くは続けられません。
自身の修行時代も含め、整体院を経営して来てつくづく思うのが、「ビジネスモデル」が一にも二にも繁盛するためには大事であるということです。
特に一過性の儲けではなく、長期的に成長し、安定した収益を望むならば、それは「ビジネスモデル」によって決まると言っても過言ではありません。

1.まず適切な武器を持ち(当グループではトッピング整体)
2.集客し(正しいチラシやサイトを作り、まずは来させる所から)
3.また来てもらう(正しいアフターフォローやリピートの仕組み)

実際にはこれだけです。
この3つさえ間違っていなければ潰れません。

整体院や治療院経営というのは、やり方さえ間違えなければ本来勝てるべくして勝てるようになっています。
その詳細を知らないで闇雲に独立・開業を始めるのは、運まかせに出たとこ勝負のギャンプルをするのと違いはありません。

独立・開業している整体師で、その辺のサラリーマンよりも2〜3倍の月収を稼いでいる人はゴロゴロいますし、正しいやり方さえ知っていれば、それがじつはそこまで大変で難しいことではないことが解ります。

整体・カイロは特に、10年前と比較すると完全に市民権を得た状態と言っても過言ではありません。
似たような施設が異常に増加し続けている、という現実からも決して目は離せませんが、でも見込み客はまだまだたくさんいます。
実際に来院される希望者もたくさんいます。

特にカイロや鍼灸・接骨院などで勤めている方や、ご自身で経営されている方。
60分全身マッサージでまだ誤摩化している様では、いつまで経っても「そのまま」ではないでしょうか?

硬い=悪い、硬い=凝っている、柔らかい?=でもとりあえず「凝ってる」と言う。
どんな状態の方が来ても「凝ってますよ!」と連呼する人生にはもう飽き飽きしてませんか?
筋が鉄板のように硬くても「凝っていない」人はゴマンといますし、逆にぜんぜん柔らかくても「凝ってる凝ってる」と訴える人もたくさんいます。

「凝ってませんよ」と言ってしまったら成り立たなくなる稼業に、いい加減もう疑問を感じませんか?
「硬い」だけが指標の術者からはそろそろ卒業しませんか?
「気持ち良かった〜〜」と言われて喜んでいる様では、もうそれ以上行けなくなってしまうのが現実ですし、体力的にもいつか限界が訪れるのではないでしょうか。

また、近所に新しいマッサージ屋さんがオープンすれば、一気に持って行かれる危険性が常に伴いますし、牛丼屋の様な他店との価格下げ競争の悪循環も常につきまといます。
悪循環=近所に格安新規参入店出現→自院も値下げ→値下げを知らせるためのチラシ作成費用→ポスティング依頼費用→WEBの内容変更依頼費用→集客に変化なし→かかった費用の総額50万円はマイナス計上→集客減少分のマイナスがさらに加算。

上記のような間違いを犯していては、ライバル店オープンからわずか3ヶ月足らずで貯金は底をついてしまいます。
自院の目と鼻の先に新規参入店が進出してきた場合、必ず既存店よりも安く料金を設定されます。
そのとき、その新規参入店と貴院の施設と提供している内容に大差がない場合、つまりやってることが同じだった場合、ほとんどの衆は安いほうに切り替えます。
まして今このご時世なら尚更、安いほうに流れます。
というよりも、今さらマッサージ技術を身に付けて開業したところで、60分2980円の大手チェーンと張り合うことは出来ません。

今後マッサージ院での開業は完全に自殺行為です。

個人で開業をして、60分2980円なんかでやってたら、利益などまったく出ませんし、体がいくつあっても足りません。
今はもう既にマッサージの料金相場は、東京都心ですら60分2980円になってしまいました。
これが地方や人口の少ない地域であれば、60分1980円がこれから3年以内には相場になって行くと思います。
マッサージのような「どこで受けても大差がない」と大衆に思われてしまっている技術は、ガソリンスタンドやネイルサロンと一緒で、安ければ安いほど選ばれます。

いま全国を圧巻しつつある60分2980円グループは、今後(たぶん半永久的に)料金を上げることはありません。
つまり都市部であれば60分2980円、地方だと60分1980円以上の料金設定は、永遠に出来ない時代に入ってしまった、ということです。

しかし、そこにしかない商品(施術)を扱っている場合、そこでしか体験できないサービスを扱っている場合、新規参入店や値下げ競争の影響はほとんど受けません。
従って料金を下げる必要も一切ありません。

・基本、針師ならマッサージに頼らず針を打つべき(特殊な理論で)
・カイロなら整体術を施すべき(特殊な技法で)
・柔整なら骨折を診るべき(地域からの絶対的な信頼)

私自身も経験がありますが、マッサージはとにかく飽きます。
ただ時間が過ぎるのを待つだけの人生。

午前中は「早く昼飯食いたいなぁ〜」
午後は「早く帰って一杯飲りたいなぁ〜」
平日は「早く土曜日来ないかな〜」

そんな生き方の先には何があると思いますか?
「早くこの人生も終わらないかな〜〜」です。

いま、その瞬間、オンタイムで楽しめる人生を送りたいなら、「癒し」「慰安」「リラク」ではなく、「特殊な技術」です。
退屈がない反面、スリルのある行為です。
ゆえに勉強も永遠に続けて行かなくてはいけません。
しかし学び続けるから飽きません。

針師なら針を打つべき(特殊な理論で!)
カイロなら整体術を施すべき(特殊な技法で!)
これを60分全身マッサージで逃げていると、精神的にその場はラクですが、一生その学びは身に付きません。

陶芸や絵画のように、形が残る仕事ではありませんが、人の「記憶」に刻まれる仕事です。
ゆえに「正しい」自覚を持って学び、努力し、研究と精進を、生涯繰り返し続けなければなりません。
我々の仕事はただ施術を行っていればよい、というものではありません。
なので技術が修得できたらそれで終わり、ではありません。
施術・技術以外にも、健康に関する知識、生活や人生において迷い・悩んでいる人を適切に導き、また良き話し相手になり、その方のトータルライフアドバイザーになれる様、技術以外にも幅広い知識、見聞を身に付けなければなりません。

欧米では仕事は「嫌なもの」「仕方なくするもの」という概念ですが、それは雇われていれば日本でも同じかもしれません。
しかし自営でやってさえいれば、仕事というものは趣味よりもよっぽど熱中ができ、スリルのある、もしかすると趣味よりもずっと楽しいもの、なのかもしれません。

なぜなら、毎日が本番だからです。
趣味と違ってコケたら終わる。
かなりスリルのある高度な趣味といっても良いかもしれません。

人が変わって行く実感、人の役に立っている実感があれば、仕事はツラくはありませんが、日ゼニのために、生活のために、家族のために、ただ施術をしているだけでは、本当に仕事がイヤになってきます。
またそのメンタルは客にも伝わります。
そんなあなたの施術を受けても、客は良くなるどころか著しくモチベーションの低下したあなたからの悪い気を受けて、客はさらに体をダルくされます。

治療家は、自分自身が飽きることなくワクワクできる状態を常に保てなければいけません。
短時間の特殊な技を使って、人のカラダを変えられる「匠」「職人」を目指したほうが、より充実した日々が送れます。

なぜいまさら整体業なのか?

余談ですが、年金が支給される年齢は近い将来、70才まで引き上げられるそうです。
私は自営なのでよく分かりませんが、一般的に70才まで使ってくれる会社なんてあるんですか?
現実は58〜9才でリストラされやしませんか?

ましてやこのご時世、使えない高給取りを残すよりも、若い安月給のコ達で会社が回せるものなら、経営者としては法に触れない程度に前者の雇用を切り捨てます。
では年金が支給されるまでの1○年間、その夫婦はどうやって暮らして行ったら良いのでしょうか?

60代夫婦2人で必要な生活費は最低28万/月だそうです。
66才の奥さんに、パートやアルバイトをする気力はあるのでしょうか?ではご主人がパートやアルバイトだけで月に28万も稼いで来れるでしょうか?
また28万も稼げる体力が残っているでしょうか?

70才からは2人の年金(14万+14万=28万)でなんとか暮らして行けるかもしれませんが、その前に憔悴しきって病を発病したり(高額な医療費に四苦八苦・・)夫婦共倒れになってしまっては、これまでにコツコツと40年間納め続けて来た「年金」というものが、ただの納税になってはしまいませんか?

もしかしたら国の目論みは、そこにあるのかもしれません。
年金支給年齢に入ったら、できるだけ早く亡くなって欲しい。
そうしなければ、どう考えても帳尻が合わないからです。
年金に関しては、今後さらにあの手この手で減額させられる対象であることは間違いありません。

70〜75才までは60%、76才からやっと100%の支給など?
遺族年金は健康上に問題のある(障害者など)遺族のみに支給。
つまりまだ働ける人が残っている家庭には支給できません、など?条件が悪くなることはあっても良くなる事はない、と考えていた方が現実的であり賢明です。

国がなんとかしてくれる、という考えはとっくに崩壊しています。
これからは自身の力で対処できなければ生きては行けません。

1.いくつになっても収入の得られる仕事を見つける。
2.できるだけ体力を消耗しない仕事を見つける。
3.粗利の高い仕事を見つける(整体業は仕入れもなく、場所とベッドがあればできるので100%)
4.初期費用の低いビジネスを始める(場所とベッドがあればできる)
5.在庫を持たなくてもよいビジネスを始める。

上記5つに全て該当しているのが「整体業」です。
だからいまさら整体業なのです。

30年前だったらもっと他に利益も見込みも望めるビジネスがたくさんありましたが、仕事は常に時代との「にらめっこ」です。
時代が上記5つを満たしたビジネスに向いて来ている、ということです。

常に時代を無視せず、しかし時代にかぶれず、自身の航路を決め上手く舵を取って行かなければ、もう生きて行けなくなるのです。
必死で守りたいものがあるのであれば、命に代えても大切にしたいものがあるのであれば、あまり国をアテにしない生き方のほうが良いです。

開業するということ

これは当グループでの独立に限らず、他グループでも他の業種でも、何にでも当てはまることですが、「確実に保証されたもの」は、この世にはありません。

開業しても潰れるんじゃないか?とか、
開業資金が返せなくなるんじゃないか?とか、
誰でも心配になるのは当然のことです。

しかし、そんなことを言っていたら、何もできません。
いつまでも雇われの身のままです。

「やるだけやってみる!」

やってみてから、そのつどその状況応じて、対処・対応する。
それしかないです。
それが開業する、独立する、ということです。

また整体業は飲食業に比べたら、開業資金なんて1/20以下ですから、そこまで怖がるほどのリスクではありませんよ。
一人院長の整体院は、東京都心でも物件契約などの費用までを含めても、100万もあれば開業できますから、オープンから半年分の運転資金までを含めて、100〜200万の融資を受けるにしても、中古で買った車のローンと大差はありません。
最悪の場合を想定して、仮に失敗してしまったとしても、たった100万円のローンなど、2〜3年運送屋のアルバイトでもやれば余裕で返せる額です。
1000〜2000万単位の融資を受けて、半年で潰れてしまった飲食業(その後、その残った900〜1900万もの借金を、雇われの身で安月給からどうやって返済しているのか・・不思議でなりません)の方々と比べれば、整体業での開業はゼロに等しいリスクです。
なので最悪のことを考えたとしても、そこまで怖がる必要はないのです。

ページのトップへ